TECHNOS/1960s

82,000円(税込88,560円)

購入数

VINTAGE時計セレクトの基準
時代と共に変化していくデザイン性や雰囲気と内部(キャリバー)の品質を重視することで
ブランドではなくフラットな感覚でヴィンテージ時計を迎え入れてほしいと思います

[ TECHNOS/1960s ]
デザインの特徴は無駄がないドレス向きなケースのフォルムと、ケースと一体となった伸びやかなラグ(ベルトを支える部分)。時計を横から見ると極薄設計なのがわかると思います、これは腕の上に置いた時にピタっと収まりがいいのに驚かされると思います。時計史を俯瞰して見ると、この極薄設計は1950年代後半〜1960年代前半までの特徴。今ではAPPLE WATCHのつけ心地が最高にいい!革新的だ!とも噂されていますが、1960年代前後に[つけ心地いいこと/薄いこと]を意識してデザインされていた事を読み取ることができますね。文字盤はヴィンテージらしい風格あるアイボリー色にエイジングされています、この雰囲気がギラギラしなくって、ヌケ感があってカッコいいんですよね。新品には香ることができない、本物の風格ですね。文字盤のインデックス(1〜12数字)は変形バー型のアップライト仕様、変形とは湖畔や小さな港に佇む小舟を上から見たような形状になっているからです、小舟型と勝手にネーミングします。12/3/6/9のみが丸みのあるアラビア数字、これらのインデックスは綺麗な状態を保っています。コノ子の隠れた特徴は12個のインデックスを放射状のラインがカクカクと連なっているデザイン、洗練されたアールデコ後期の様式をオマージュしているようにも感じます。針の形はドルフィン針、元はフランス王太子妃を意するそうな、万年筆の剣先のような形の針ですね。テクノスは知名度も低いですが50代以上の方には、高級時計としての認知度はありますね。下記のTECHNOS歴史を拝見すると1970年代以降のTECHNOSはコノ子と生まれも育ちも異なります、全くの別モノですね。こちらのモデルの特徴はキャリバー/ムーブメント(中身の機械構造)が当時のETA社/手巻きを採用している点、このキャリバーはハミルトンにも納品していたらしいですね。やはり現代では存続していないブランドや版権ビジネスへ移行してしまったブランドでも、1960年代までは納得できる品質で個性ある時計をリリースしていたのがわかります、ヴィンテージ靴と同じですね。黒いサテン素材ベルトでは少しのドレス感を、、、スーツスタイルにも最適です、週末のカジュアルなスタイルには大人のギャップを与えてくれるでしょう、NATOタイプのナイロンベルトに変更するとスニーカーにも相性がいいと感じます。定期メンテナンスや修理依頼などもお気軽にご相談くださいませ。

メーカー  :TECHNOS
製造年代  :1960年代
製造国   :スイス
ケース   :ステンレススチール
リューズ  :ステンレススチール
キャリバー :手巻き(17石)
ベルト   :BLACKサテン素材ベルト(新品)
ケース幅  :33mm(リューズ除く)
ベルト幅  :17mm
状態    :文字盤は全体的に目立つダメージはなく美しい状態です
       キャリバー(内部)の状態もよろしいです
保証期間  :6ヶ月(購入時より)
精度    :日差1〜3分程度(古いものですので、おおらかにつき合って頂けると時計も嬉しいです)

[Milok]のVINTAGE時計セレクト品は、先代より続くヴィンテージ時計専門家のサポートいただいております。全品において稼働チェック&オーバーホール済みの安心してお使いいただける逸品となります。ヴィンテージウォッチは近年、中古市場で良品の不足が顕著です。リアルヴィンテージと呼ばれる修正を加えていない良品は、古き良き時代の[香り]と[デザイン]が魅力的です。そして、現在は存在していないブランドの中には有名ブランドに引けを取らない十分な[品質]と[美しさ]があります。次世代への技術継承と、魅惑的なヴィンテージウォッチの発展に微力ながら貢献できればと考えております。

スイス時計ブランド [TECHNOS/テクノス] 歴史
創業:1900年
1900年にメルヒオーア・グンツィンガー(Melchior Gunzinger)が、ゾロトゥルン州のヴェルシェンローア(ドイツ語版)に開設した時計工房を前身とする。1920年にメルヒオーアの息子ヨーゼフ・グンツィンガー(Josef Gunzinger)がGebrüder Gunzinger AGを設立。1924年からテクノスブランドの時計を生産開始。1970年代には世界に腕時計を輸出し、特に日本とブラジルへの輸出量が多かった。1971年に会社はGeneral Watch Companyの傘下となりASUAGグループに入る。ブラジルでは1956年から輸入が始まり、1970年代には輸入元がテクノスブランドを取得してブラジル国内で腕時計の生産を開始した。このテクノス・ダ・アマゾニア社(TECHNOS DA AMAZONIA IND. E COM. LTDA.)は、2001年10月にブラジルから撤退したセイコーの工場を引き取り、ブラジルにてセイコーブランド時計の組立、販売も行っている。現在では年間100万個以上の腕時計を生産する、ブラジル最大の時計メーカーである。2001年からは、ブラジル国外への輸出を開始している。日本では1952年に平和堂貿易が総代理店契約を結び販売していた。近年では、ティーツーインターナショナルが日本の総代理店となっている。
「https://ja.wikipedia.org/wiki/テクノス」より引用

[ヴィンテージウォッチ取扱いのご注意]
*防水性について*
 アンティークウォッチには防水性能はありません。水・汗等には十分にお気を付けください。
 また、極度の高温・低温になる場所は故障の原因となります。
 (ストーブ等の熱源の近く・サウナ・直射日光・車のダッシュボード・寒冷地)
 温度差が激しい場所でのご使用は結露が生じる場合があるのでお控えください。
*衝撃について*
 ほとんどのアンティーク/ヴィンテージウォッチには耐震装置がありません。
 落下・強くぶつける・激しいスポーツ等は故障の原因となりますのでご注意ください。
*ゼンマイ巻上げについて*
 手巻き式時計では、ゼンマイを巻く際はゆっくり巻き上げ、
 巻き止まったらそれ以上力を加えないで下さい。
 (ゼンマイが切れることがあります。)
 なお、自動巻きの場合はリューズを20~30回ほど巻き上げてご使用ください。
*磁気について*
 強い磁気を発生させる物に近づけると、時計が磁気を帯び、精度不良の原因となります。
 バッグ類のマグネット式留め金・磁気入り健康器具・スピーカー・テレビ
 電子レンジ・携帯電話等には近づけないで下さい。
*保管について*
 保管の際は汗・汚れ等を柔らかい布で拭取り、風通しがよく乾燥した場所に収納して下さい。
 なお、防虫剤は時計油を劣化させますのでご注意下さい。
*オーバーホール(分解掃除)について*
 オーバーホールの目安は3~5年です。問題がなくても定期的なメンテナンスをお勧めします。
 なお、水没等、水入りが生じた場合は、可及的速やかにオーバーホールをしてください。
 機械が錆びて修復不可能になる事があります。

I HOPE YOU ENJOY MY VINTAGE WATCH.
THANK YOU!!!